【3】通貨ペアと各通貨

4.豪ドル(AUD)・ニュージーランドドル(NZD)

サイトマップ【3】通貨ペアと各通貨サイトマップ

豪ドル(AUD)について

【通貨取引量】
 取引量は、BSIの2004年の調査によると、全体の5.5%。
 ※小口 幸伸 著「<入門の金融>外国為替のしくみ (入門の金融)」p139参照

 通貨ペアの取引量を見ると
 ※内藤忍 著「内藤忍の資産設計塾 外貨投資編―投資フロンティアを広げる外貨攻略法」P207参照

 米ドル/豪ドル 5%

 取引量は少ないので、価格変動率は高くなります。

【政策金利が高い】

 政策金利が高く、2008年10月で、6.00%。
 金利が高い理由の一つとして、貿易赤字が挙げられます。海外からの資金流入を促進するために、政策金利を高めにしているのです。

国名 2008年10月(%) 平均(%) 検証期間
日本 0.50 2.30 1980年〜2008年
米国 1.50 6.00
ユーロ 3.75 4.25
英国 4.50 8.00
豪州 6.00 9.90
南アフリカ 12.00 10.15 1999年〜2008年
平均 4.70 6.76 -

コモディティー通貨

 コモディティー通貨とは、資源国通貨とも呼ばれます。

 資源輸出が活発な国の通貨です。

 商品相場が上昇すると、輸出額が増えて、豪ドルが買われます。
 また、輸出先の景気の影響も受け、輸出先国の景気が良ければ買われます。

 オーストラリアの輸出資源は、主に、石炭、石油、鉄鋼石、金です。
 これでだけ豊富な資源に恵まれている国はありません。そのため、投資資金が流れ込みやすく、投資対象として比較的安定感のある国です。

 輸出相手国は、主に日本、米国、韓国。近年、中国への輸出が伸びています。


ニュージーランドドル(NZD)について

【通貨取引量】

 取引量は、BSIの2004年の調査によると、全体の1.0%。
 ※小口 幸伸 著「<入門の金融>外国為替のしくみ (入門の金融)」p139参照

 取引量が少ないため価格変動率が高くなりやすい傾向があります。

【政策金利が、高い】
 豪ドルと同様、政策金利が高く、2008年10月で、7.50%。
 政策金利が高い理由は、豪ドルと同じく、海外からの資金流入が必要なためです。

国名 2008年10月(%) 平均(%) 検証期間
日本 0.50 2.30 1980年〜2008年
米国 1.50 6.00
ユーロ 3.75 4.25
英国 4.50 8.00
豪州 6.00 9.90
ニュージーランド 7.50 7.20 1994年〜2008年
南アフリカ 12.00 10.15 1999年〜2008年
平均(概算) 5.10 6.80 -


コモディティー通貨

 コモディティー通貨とは、資源国通貨とも呼ばれます。

 資源輸出が活発な国の通貨です。

 商品相場が上昇すると輸出額が増え、買われやすくなります。
 また、輸出先の景気の影響もうけ、輸出先国の景気が良ければ買われます。

 ニュージーランドの輸出資源は、主に農産物。酪農品、肉類が多いです。

 輸出相手国は、主に豪州(オーストラリア)です。
 オーストラリア経済と連動して動くことが多いといわれます。



【0】概要と意義

【1】運用方法の基本

【2】FX口座比較と初心者の始め方 

【3】通貨ペアと各通貨

【4】通貨分散

【5】経済の基本原則

【6】資産運用としてのFX(外国為替証拠金取引)

【7】想定外の対応



トップページへもどる→ 初心者のFX外国為替証拠金取引

相互リンク募集中→ 相互リンク

スワップ金利で運用する方法を知りたい→ 年利20%の資産運用-スワップ金利で皮算用

信用リスクの低い安心できるFX業者を知りたい→ FX口座(FX業者)比較

豪ドル・ニュージーランドドル NZDの為替レートの動きの特徴


当サイトは、私が調べたり体験したりしたことを好き勝手に述べているだけです。投資の損益の責任は、投資家本人に帰属します。当サイトでは一切責任を負いません。

Copyright (C) 初心者のFX外国為替証拠金取引, All rights reserved.